サイト内検索
カウンタ
あなたは5093203人目です。
(移転前は220000!)
お問い合わせ
千葉県立柏中央高等学校
住所 柏市松ケ崎884-1  〒277-0835
TEL  
04-7133-3141
FAX   04-7133-3641
MAIL 
kashiwachuo-h@chiba-c.ed.jp
 
携帯用サイト
携帯でご覧になる方は
こちらから!
 
このWebページでは
一部PDF形式のファイルを利用しております。
PDF形式が閲覧できない場合は
お手数ですがこちらから
Adobe Readerをダウンロードしてください。
 
 
ログイン
科学部紹介
科学部紹介
12
2020/09/30

科学部紹介

| by 理301
1.活動日
 平日 16:00~18:00  土曜日 9:00~13:00

2.目標
 千葉大学主催高校生理科研究発表会 入賞
 千葉県高文連主催科学研究発表会  全国大会出場 
 日本学生科学賞 入賞

3.活動内容
・各自でテーマを設定し、発表会に向けて研究を行っています。
・生物飼育とビオトープ管理をしています。
・興味に応じて実験を楽しみながら行っています。
・大堀川周辺での自然観察や生物調査をしています。
・長期休暇などに校外へ観察会に出かけます。
・地域との交流を大切にしています。

4.メッセージ
・科学に興味を持って、皆で楽しく活動しています。
・令和3年度は学校周辺(松ヶ崎地区)の「生物ガイドブック」を制作する予定です。鳥や昆虫、植物など生物調査をしてくれる人、大歓迎です。
18:53
12
日誌
科学部日誌
12345
2020/10/03

科学部ビオトープ・大堀川秋便り

Tweet ThisSend to Facebook | by 理301
科学部ビオトープ・大堀川・秋便り
 本校周辺でも虫の鳴き声が高まり、トンボが舞い、秋の気配を大きく感じられるようになりました。大堀川沿いのヒガンバナの開花は今年はやや遅めとなりましたので、今が丁度見頃を迎えています。ビオトープでは秋草が茂り、その中でシロバナサクラタデという清楚な花がかわいらしく咲いています。ビオトープには、トンボがたくさん訪れ、アオサギやダイサギもやってきます。
 
朱色花と白花のヒガンバナが満開です。
  
ビオトープの現在の様子(井戸漕ぎをしました)   小さなアオイトトンボ
  
    オギやコガマの穂がでています。       コガマの穂の綿毛
  
 シロバナサクラタデ    ヒレタゴボウ      産卵直後のアゲハの卵
14:13
2020/08/19

鵜原で観察会

Tweet ThisSend to Facebook | by 理192

鵜原で観察会

 8月18日(火),自然観察会で勝浦市の鵜原周辺を訪れました。
 鵜原駅から歩いて15分くらいの場所に
千葉県立中央博物館分館海の博物館があり,房総半島の海の生物についての資料や標本などが展示されています。部員達は展示物を熱心に見ていました。その後博物館の前にある磯へ。比較的潮がひいていたこともあり,様々な生物を観察することができました。
   
    博物館     磯には大量のフナムシ…   生物探索中

  
  クロフジツボ      紅藻の一種      ヒライソガニ

  
  ムラサキウニ   色々な生物がいました    集合写真

 また,鵜原理想郷ハイキングコースを通って鵜原海岸にも行きました。こちらは砂浜海岸なので,海の雰囲気がまた違います。
  
  ハイキングコースへ     毛戸岬     鵜原海岸と白い鳥居

 普段はなかなか見ることのできない生物や景色を見られて,とても充実した1日となりました。
11:55
2020/08/06

ホタルの観察とビオトープ周辺の除草

Tweet ThisSend to Facebook | by 理192
 終業式があった7月31日(金),我孫子の谷津ミュージアムへ行きホタルの観察をしました。梅雨明け前でしたが天気も良くて,ヘイケボタルをたくさん観察することができました。写真に収めるのは難しいくらい小さな光ですが,静かに見入ってしまうくらいホタルには不思議な魅力があります。

 また,昨日はビオトープ周辺の除草作業を行いました。作業前にはアオサギの姿が確認できました。
 
炎天下でしたが,部員が一丸となって取り組み,ビオトープがよく見えるようになりました。
    
12:39
2020/07/25

科学部・研究活動

Tweet ThisSend to Facebook | by 理301
科学部・研究活動スタート
 臨時休校及び、期末考査期間等で出遅れていた研究活動ですが、徐々にスタートしています。例年通りの研究発表会の開催は厳しい状況ではありますが、科学を楽しむ気持ちでいっぱいです。ビオトープや大堀川周辺に生物観察に出かけたり、各自のテーマでの研究を始めました。
  
 セリの花とクモ     水量の多いビオトープ     タマムシを捕獲
  
 植生調査中の2年生       異なる気体を使っての実験
  
 二酸化硫黄の捕集中       測定中
15:38
2020/06/29

大堀川 生物相調査

Tweet ThisSend to Facebook | by 理192

大堀川 生物相調査

627日,梅雨の晴れ間をぬって大堀川の生物の調査を行いました。

調査地点は本校から徒歩20分ほどの場所のため,リアカーをひいての移動です。

大堀川の水量はやや多かったものの流れはおだやかで,スジエビやヌマチチブ,ミシシッピアカミミガメ,オオカナダモなどを見つけることができました。

    
    
16:36
2020/06/16

科学部活動開始

Tweet ThisSend to Facebook | by 理301
科学部活動開始!!
 今週から時差登校となり、放課後の短い時間ですが部活動ができるようになりました。科学部では、水槽の水替えをしたり、大堀川周辺に散歩に出かけたりしました。新しい1年生も見学に訪れてくれました。
  
  
 水替え中の中庭でのカメの甲羅干しです。お日様を浴びてカメも嬉しそうです。
18:02
2020/05/18

科学部のみなさんへ

Tweet ThisSend to Facebook | by 理192

季節が進み新緑あふれた大堀川周辺やビオトープでは,草刈りが行われました。夏への準備が進んでいます。
  

暖かさを喜ぶのは外の生物だけでなく,生物室の生き物たちも同じです。どんどん活発になってきました。
    
    

部員のみなさんと会えるのを,同じく一部員である彼らも首を長~くして待っています!

     
 


16:05
2020/05/08

科学部より(科学が好きな人へのメッセージ)

Tweet ThisSend to Facebook | by 理301

「ロウソクの科学」のお話

臨時休校が続いていますが、科学が大好きな皆さんに、1つの話題を提供します。

「ロウソクの科学」(ファラデー著という本を知っていますか?ノーベル化学賞を受賞した吉野彰さんが小学4年生のときに出会って「化学への興味のきっかけ」となった運命の1冊です。世界各国で長年読まれてきた科学の本ですが、吉野彰さんのおかげで再び脚光を浴びました。理科の授業では「ファラデーの法則」でファラデーさんの名を知った人も多いでしょう。当時、ファラデーさんは、ロンドン王立研究所で科学に関する講演をいくつかのテーマで行っていました。そのうち、18601227日から全6回で行われた「ロウソクに関する実験」のクリスマス講演をまとめたものです。大勢の人が期待を寄せて集まる今日のサイエンスショーに近いかもしれません。この本は「ファラデー著」となっていますが、実際に講演の記録をまとめたのはクルックス管で有名なクルックスさんです。クルックスさんのおかげで、私たちはファラデーさんの講演の世界を知ることができるのです。

 「ロウソクはどのようにして燃えるのか」「炎の明るさ」「ロウソクの燃焼で生成する物質は?」「ロウソクの中の水素の性質は?」「水素が燃えて水になる」「空気中の酸素と大気の性質」「呼吸とロウソクの燃焼」など実験によるファラデーさんの講演は、化学反応のしくみと量的な関係、大気圧、自然界との関係にまで及び、私たちを科学の世界に誘ってくれます。この本の他にも、この内容を児童・生徒向けにやさしく書いた本がたくさん出版されています。本校の図書室には「ロウソクの科学が教えてくれること」(サイエンス・アイ新書)が入っています。

 休校中、ファラデーさんのロウソク実験のほんの一部を学校で行ってみました。大げさかもしれませんが、ファラデーさんの気持ちを少しだけ共感できた気がします。

懐中電灯はとても明るいですが、電球は劣化しますし、低温では電池の化学反応は低下します。ロウソクは低温でも大丈夫です。長い年月沈没していた船から引き上げられたロウソクも炎を灯します。今は臨時休校中ですが、学校が再開したら皆さんも学校生活の炎を再燃させましょう。


07:27
2020/04/10

科学部春だより2

Tweet ThisSend to Facebook | by 理301
科学部 春だより2
 4月早々、休校が続いていますが、健康に留意して過ごしていますか。部活動を再開できる日を楽しみにしています。新1年生の皆さんも科学部のホームページを見て、興味をもってくれると嬉しいです。
 
 大堀川のソメイヨシノが終わり、土手ではアブラナやカラシナの黄色い花が目立ってきました。
 
   ビオトープ    成長したオタマジャクシ
 
クヌギの花序が垂れています。オオシマザクラの花
 
 キジが出現しています。 ブルーベリーの花 

昨日水槽の水替えをしたので水がとてもきれいです。いつもは隠れていることが多い2匹の子カメですが、今日は屋根囲いの外に出て嬉しそうにしています。
07:35
2020/03/25

科学部・春だより

Tweet ThisSend to Facebook | by 理301
科学部の皆さんにメッセージ
 臨時休校に伴う活動停止が続いていますが、本校の周りは春景色に包まれています。いつもであれば、大堀川の春景色の中で活動をしている頃です。生物室の生き物たちも部員が登校するのを首を長くして待っています。 
  
       青空の下、陽光を浴びてソメイヨシノが満開です。
  
  ホトケノザ        ムスカリ       ヒメオドリコソウ
   
                                         ビオトープのオタマジャクシ   生物室のカメ
16:21
12345
校舎
 

新着情報