サイト内検索
カウンタ
あなたは3516246人目です。
(移転前は220000!)
お問い合わせ
千葉県立柏中央高等学校
住所 柏市松ヶ崎884-1  〒277-0835
TEL  
04-7133-3141
FAX   04-7133-3641
MAIL 
kashiwachuo-h@chiba-c.ed.jp
 
携帯用サイト
携帯でご覧になる方は
こちらから!
 
このWebページでは
一部PDF形式のファイルを利用しております。
PDF形式が閲覧できない場合は
お手数ですがこちらから
Adobe Readerをダウンロードしてください。
 
 
リンク
千葉県教育委員会ホームページ

県教委ニュースはこちらをクリック!!
県教委ニュース
 
ログイン
演劇部紹介
1.部員数
 2年 10名
 1年  5名

2.活動日
 週に6日(平日と土曜日。大会前は日曜日も活動をし、月曜日が休み。)

3.目標
 地区で確実な地位を。次に県。
 笑って、泣いて、観客のみなさんに「観てよかった」と思ってもらえるような芝居。
 もう一度観たいと思ってもらえるような芝居。

4.活動内容
 基礎トレーニング(ランニング・ストレッチ・筋力トレーニング・体幹トレーニング・
 発声・滑舌・外郎売など)
 ダンス
 演技
 大道具作成
 照明や音響のプランニング

5.主な実績

 平成25年度第一地区秋季発表会 顧問創作「紅の約束」作品賞1位 県大会出場!
 (ちなみに県大会に出場できるのは、県内110校以上ある中で14校だけです)
 平成26年度第一地区春季発表会 既成脚本「悪魔のささやき、天使のぼやき」作品賞1位
               (残念ながら、春の発表会は、県大会がありません)
 平成26年度第一地区春季発表会 顧問創作「メビウスの輪」作品賞3位
 平成27年度春季地区発表会 成井豊 作「広くてすてきな宇宙じゃないか」作品賞1位
 平成27年度秋季地区発表会 加藤純・清水洋史 作、顧問潤色
              「祭よ、今宵だけは哀しげに ー銀河鉄道と夜ー」作品賞1位 県大会出場!
 平成28年度春季地区発表会 生徒創作「誰がためにか花は咲く」作品賞1位
 平成27年度秋季地区発表会 西澤周市 作、顧問潤色「ナナハン・ララバイ」作品賞2位

6.メッセージ
 平成28年11月12日(土)午後、流山市文化会館にて行われる高校演劇+バリアフリーに参加予定。
「ナナハン・ララバイ」を上演します。
活動報告は随時HPにアップしていきます。

 
 
日誌
演劇部日誌 >> 記事詳細

2016/12/28

演劇部 予告 ながれやま高校演劇フェスティバル

Tweet ThisSend to Facebook | by Web管理者
ながれやま高校演劇フェスティバル 
20分シアター Vol.8
1月8日(日)流山市文化会館 駐車場・入場無料
柏中央高校演劇部 15:20~15:40
生徒創作脚本「青く深きところにて」


本校演劇部は1月8日(日)に流山市文化会館にて行われる「ながれやま高校演劇フェスティバル20分シアターVol.8」、通称「流フェス(りゅうフェス)」に出場します。
流山市にある高校の演劇部を中心とし、船橋方面からも参加し、出場校は全16校!
20分のショートストーリーを16個も見ることができます。
今年のテーマは「寄り道」。
学校帰りの寄り道や人生の寄り道……。
各校、テーマに合わせて創作した脚本を上演します。

本校演劇部は2年生部員が創作した脚本、「青く深きところにて」を上演します。
これまで作ってきた「広くてすてきな宇宙じゃないか」「祭よ、今宵だけは哀しげに-銀河鉄道と夜-」「ナナハン・ララバイ」を参考にして演出もしました。
なんとも柏中央らしい脚本です。
「笑いの追及」というよりは、「この問題にどう向き合うか」といったメッセージ性の方が強いです。
舞台は現代。しかし内容は部員たちの好きなファンタジー。
20分という短い時間の中で伝えたい想いをどのように表現するのか、ぜひお楽しみに!

今回、顧問はあえて、あまり介入しませんでした。
それは、産みの苦しみを味わうとともに、来年に向けた練習です。
4月には新しい仲間を迎えることになるでしょう。
その時、「先輩」として堂々とできるために、彼女たちは一生懸命に練習してきました。
「100%生徒だけで創った」とまでは言い切ることはできませんが、彼女たちの努力が詰まっている作品です。

昨日行われた打ち合わせ会では、本校生徒が中心となって活動してくれました。
当日、フィナーレには出場校とお客さんが一体となって「キセキ」を歌います。
歌練習の様子です。


また、地区を越えて親睦を深めるために、演劇部らしいゲームを行いました。
「だるまさんがころんだ 演劇部バージョン」
鬼が「だるまさんが幼稚園児になった!」などのお題が出し、それに合った演技をするというゲームです。
「上下奥つら」
演劇部員にとって「上(かみ)」「下(しも)」「奥」「つら」は基本的な言葉です。「上、はい」と言ったらその方向にダンスのステップを踏みながら移動し、「はい」と言っていないのに動いてしまったら罰ゲームです。
 

今回の打ち合わせ会で、親睦を深めるとともに、実際に照明のあたりの範囲を確認できたので、よりイメージが膨らんだことでしょう。
残すところ稽古もあと3日!!
12:51