サイト内検索
カウンタ
あなたは3519040人目です。
(移転前は220000!)
お問い合わせ
千葉県立柏中央高等学校
住所 柏市松ヶ崎884-1  〒277-0835
TEL  
04-7133-3141
FAX   04-7133-3641
MAIL 
kashiwachuo-h@chiba-c.ed.jp
 
携帯用サイト
携帯でご覧になる方は
こちらから!
 
このWebページでは
一部PDF形式のファイルを利用しております。
PDF形式が閲覧できない場合は
お手数ですがこちらから
Adobe Readerをダウンロードしてください。
 
 
リンク
千葉県教育委員会ホームページ

県教委ニュースはこちらをクリック!!
県教委ニュース
 
ログイン
演劇部紹介
1.部員数
 2年 10名
 1年  5名

2.活動日
 週に6日(平日と土曜日。大会前は日曜日も活動をし、月曜日が休み。)

3.目標
 地区で確実な地位を。次に県。
 笑って、泣いて、観客のみなさんに「観てよかった」と思ってもらえるような芝居。
 もう一度観たいと思ってもらえるような芝居。

4.活動内容
 基礎トレーニング(ランニング・ストレッチ・筋力トレーニング・体幹トレーニング・
 発声・滑舌・外郎売など)
 ダンス
 演技
 大道具作成
 照明や音響のプランニング

5.主な実績

 平成25年度第一地区秋季発表会 顧問創作「紅の約束」作品賞1位 県大会出場!
 (ちなみに県大会に出場できるのは、県内110校以上ある中で14校だけです)
 平成26年度第一地区春季発表会 既成脚本「悪魔のささやき、天使のぼやき」作品賞1位
               (残念ながら、春の発表会は、県大会がありません)
 平成26年度第一地区春季発表会 顧問創作「メビウスの輪」作品賞3位
 平成27年度春季地区発表会 成井豊 作「広くてすてきな宇宙じゃないか」作品賞1位
 平成27年度秋季地区発表会 加藤純・清水洋史 作、顧問潤色
              「祭よ、今宵だけは哀しげに ー銀河鉄道と夜ー」作品賞1位 県大会出場!
 平成28年度春季地区発表会 生徒創作「誰がためにか花は咲く」作品賞1位
 平成27年度秋季地区発表会 西澤周市 作、顧問潤色「ナナハン・ララバイ」作品賞2位

6.メッセージ
 平成28年11月12日(土)午後、流山市文化会館にて行われる高校演劇+バリアフリーに参加予定。
「ナナハン・ララバイ」を上演します。
活動報告は随時HPにアップしていきます。

 
 
日誌
演劇部日誌 >> 記事詳細

2017/01/27

演劇部 練習報告

Tweet ThisSend to Facebook | by Web管理者
現在演劇部では3本の作品の練習をしています。
1つは、今週末に発表する「ナナハン・ララバイ」のラストシーン。
その場面だけやってもなかなかうまくいかず、それより前の場面の一人語りをやってから稽古をすることで、より気持ちを乗せて演技ができるようです。
次に、予選会の練習です。今年は「選定会議」と題して、部員たちが自由奔放な会議を繰り広げます。一体何を選定する会議なのか……!?
例年演劇部では、3年生がよく知っているであろう先生方のご協力をいただいて、3分間程度の短いお芝居をします。コントやダンスではなく、お芝居をするのが演劇部の掟です。
最後に、現在、最も力を入れているのが来年度の新入生歓迎公演で上演する「広くてすてきな宇宙じゃないか」です。
14日にオーディションを終え、配役が決まりました。

ここでキャストの紹介をします。
おばあちゃん:演技力が安定している2年生。昨年度の新入生歓迎公演で大きく成長した、うちの柱の一人。
クリコ:身体表現と表現力がピカイチの2年生。勘もよく、飲み込みが早い。1年次と同じ役で、前の自分を越える。
カシオ:ちょっと猫背な1年生。現在、男の子の低い声の発声に苦戦中。誰しもが一度はぶつかる壁。しかし、これを乗り越えればもっと演技の幅が広がると信じてこの役を任せた。
スギエ:「ナナハン・ララバイ」で演技力が身についた期待の1年生。喜怒哀楽の中では「喜」と「楽」が課題。言葉と体が一体となった演技に期待。
柿本:唯一男役をお願いできる2年生。一人語りはお手の物。彼女の安定感で芝居を支えてほしい。
サカモト:実は初舞台の裏方の2年生。しかし、毎日発声をしているので、声は問題なし。加えて頭がいいので、表現もうまい。今のところ、一番予想を越えてきた子。
ヒジカタ:原作では男性だが、女性に性別を変更して挑戦。うちの花形の2年生。優しさと厳しさと寂しさを表現できるはず。彼女の人一倍強い向上心が楽しみ。
オオクボ:うちで唯一笑いがとれる部長の2年生。一緒に芝居をするサカモトをつぶさず、しかし、キャラクターは濃く。その塩梅が難しいところではあるが、彼女の存在感に期待。
サイゴウ・ヨシダ先生:頭が良く、驚くほど早く台詞を覚えてくる2年生。自然と出てしまうお色気とヤンキーのコントロールをして、キャスターと教員の二役を演じ分ける。
カツラ:元気はじけるカツラちゃん。演じるのは控えめで謙虚な1年生。この役を通して自分の殻をぶち破れ!

今はまだ台本を持って立ち稽古をしているところです。
4月まで時間がありそうで、実はない。
「見て良かった」「おもしろかった」「自分もやってみたい」
そう思ってもらえる芝居を目指して、今日も稽古に励んでいます!
15:23