サイト内検索
カウンタ
あなたは3519124人目です。
(移転前は220000!)
お問い合わせ
千葉県立柏中央高等学校
住所 柏市松ヶ崎884-1  〒277-0835
TEL  
04-7133-3141
FAX   04-7133-3641
MAIL 
kashiwachuo-h@chiba-c.ed.jp
 
携帯用サイト
携帯でご覧になる方は
こちらから!
 
このWebページでは
一部PDF形式のファイルを利用しております。
PDF形式が閲覧できない場合は
お手数ですがこちらから
Adobe Readerをダウンロードしてください。
 
 
リンク
千葉県教育委員会ホームページ

県教委ニュースはこちらをクリック!!
県教委ニュース
 
ログイン
美術工芸部紹介

1.部員数

3年  3 名

2年  5 名

1年  7 名

2.活動日

月・火・水・木・金 、臨時に土・日・祝日

3.目標

部員が各々感性を活かした制作を行い、それを校外発表(地区展、県の総合文化祭、全国大会など)や、コンクール応募などして発表すること。

 

4.活動内容

5月末  「松戸・東葛地区高校美術展」松戸市文化会館

8月下旬  スケッチ合宿 鴨川市

9月上旬  文化祭にて作品発表及び小作品の販売

11月   「高校総合文化祭」千葉県立美術館*全国大会エントリー

1月上旬 「東葛地区高校美術展」さわやかちば県民プラザ

5.主な実績

2012年 全国高等学校総合文化祭美術工芸部 富山大会 立体

2013年 同                長崎大会 立体

2014年 同                茨城大会 立体

2016年 同                広島大会 立体

 

6.メッセージ

美術分野(絵画、彫刻など)と工芸分野(陶芸、革工芸、染色など)のいづれも取り組むことができます。一から取り組み、全国大会出品までの腕前になれた先輩たちがいました。上手、下手を気にせず、毎日コツコツ、描くことや作ることが好きな人に向いている部活です。

 

   
 
日誌
美術工芸部日誌 >> 記事詳細

2015/12/10

美術工芸部、写真部全国大会出場決定

Tweet ThisSend to Facebook | by 理16
「千葉県高等学校文化連盟」
という高校生の文化系部活動を束ねる組織があります。
今朝は、写真部の生徒の活躍が報告され、
1名が全国大会、1名が関東大会へ出場することになりました。

詳しくは担当からの記事を掲載されることと思います。
ひとまず速報でお伝えいたします。
本校からは、すでに美術工芸部の作品が全国大会に選ばれており
全国高等学校総合文化祭への参加が毎年実現できていることを
心から嬉しく、文化系部活動の振興につながると喜んでいます。

さて、その高校文化連盟には、文芸専門部も含まれています。
今日はそこの取り組みを紹介します。
千葉県内の公立、私立の高等学校の
文学部、文芸部が加盟しています。
毎年、春と秋には高校生が参加する文学散歩と研修会、
詩や俳句、短歌等の実作指導や合評も行い、部員同士の交流も盛んです。

小説、散文、短歌、俳句、詩、また各学校の部誌の県大会を行い
関東大会、全国大会と審査を通った作品が選出されていきます。

そうした高等学校の組織の大会のほかに、
愛媛県松山市が主催する「全国高等学校俳句選手権大会」があります。
「俳句甲子園」
という名称の方が有名だと思いますが、
その大会のOB、OGの方を中心にした「俳句甲子園 出張講座」が
千葉県で開催されることとなりました
1月30日(土)千葉県幕張総合高校管理棟・学習交流室を借りて
県内の高校生が集います。

文芸専門部(部会長:鈴木誠一 下総高等学校長、
委員長:川島 市立千葉高等学校教諭
行事担当:小野 我孫子高等学校教頭)の顧問の働きかけで
松山市役所 文化・ことば課の事業である出張講座が
千葉県で開催されることができ、大変うれしく思います。

この出張講座について、詳しくは「俳句甲子園 出張講座」で
検索していただければ、詳しい情報があります。ご覧ください。
高校生の活躍はスポーツ面は大きく取り上げられることが多いのですが
心をはぐくむ、文化面での活躍にも是非注目していただきたいと思います。

また、一番素敵なことだと思うのは、
「松山市役所 文化・ことば課」という組織があるということです。
日本の地方自治体の中に、こうした組織を有する市町村は
あるのでしょうか?
「坊っちゃん」ゆかりの地とはいえ、こうした組織が大事にされる街は
素敵な気がします。

千葉県の子どもたちが、こうした講座で新たな刺激を受けて
潜んでいた才能や可能性に気付き、大きく花開くことを期待しています。
柏中央高校の生徒の活躍も、
他校の生徒の活躍も同じようにとても』嬉しいことです。

11:02