サイト内検索
カウンタ
あなたは3512642人目です。
(移転前は220000!)
お問い合わせ
千葉県立柏中央高等学校
住所 柏市松ヶ崎884-1  〒277-0835
TEL  
04-7133-3141
FAX   04-7133-3641
MAIL 
kashiwachuo-h@chiba-c.ed.jp
 
携帯用サイト
携帯でご覧になる方は
こちらから!
 
このWebページでは
一部PDF形式のファイルを利用しております。
PDF形式が閲覧できない場合は
お手数ですがこちらから
Adobe Readerをダウンロードしてください。
 
 
リンク
千葉県教育委員会ホームページ

県教委ニュースはこちらをクリック!!
県教委ニュース
 
ログイン

 

                                       あなたは26721人目の訪問者です!

男子ソフトテニス部紹介

1.部員数
 1年生 15人
 2年生  7人
 3年生  5人
            計27人
2.活動日
 ほぼ毎日
 
3.活動内容
 やる気、元気、その気!をモットーに活動
 
4.目標
 関東大会、全国大会出場!
 
5.主な実績
平成26年度 関東予選   団体ベスト16
       総合体育大会 団体ベスト16
       県新人大会  団体ベスト16
平成27年度 関東予選   団体ベスト16、個人関東大会出場
       総合体育大会 団体ベスト16

6.メッセージ
 やる気のある人大歓迎!
 

日誌

ソフトテニス部日誌 >> 記事詳細

2011/07/06

ソフトテニス部男子 千葉県総体 団体戦

Tweet ThisSend to Facebook | by Web管理者
【ソフトテニス部男子 千葉県総体 団体戦】

6月18、19日に白子町テニスコートで
千葉県総体の団体戦が行われました。

5月に行われた関東大会の県予選でベスト8に入っているため、
2回戦からの登場となりました。

2回戦の相手は大網高校です。
1対戦目の丸山・波部組、
2対戦目の梅澤・原組、
3対戦目の内田・根本組がそれぞれ勝利し、
3-0で3回戦に進出しました。
   

3回戦の相手は袖ケ浦高校です。
途中雨が降り始め、
難しいコンディションでの試合となりました。
1対戦目の丸山・波部組は、
相手の思い切りのいいプレーに苦戦しながらも
個人戦ベスト16の実力を見せつけ、勝利します。
   
2面展開となったため、
ほぼ同時にスタートした梅澤・原組と内田・根本組の試合は、
両ペアとも相手を圧倒していましたが、
内田・根本組が先に勝負を決めました。
その結果2-0でベスト16進出を決め、
翌日に行われる4回戦にコマを進めました。
 
   

翌日、試合開始前に突然雨が降り出しましたが、
何とか天候も持ち直し、試合開始となりました。

4回戦の相手は専修大松戸高校でした。
昨年の夏休みに1度対戦しており、完敗している相手です。
今大会でもこの対戦が一つの山場だと選手・監督ともに感じており、
組み合わせが決まってから、
専大松戸対策の練習を重ねてきました。

試合はいつもどおり、
丸山・波部組が1対戦目に出場しました。
相手の前衛は個人戦でインターハイ出場を決めて波に乗っており、
この試合でも序盤は相手にリードを許します。
しかしそこから盛り返し、ファイナルゲームの末勝利しました。
   
2対戦目は梅澤・原組です。
1対戦目の勝利が相手にとってプレッシャーになったのか、
相手がミスを重ねます。
その間に梅澤・原組は力強いプレーで得点を重ね、
そのまま4-2で勝利しました。
その瞬間、
応援生徒や、保護者、OB・OG、校長先生から大きな歓声があがりました。
これで、関東大会県予選に引き続きベスト8進出です。
     

準々決勝は千葉敬愛高校との対戦でした。
1対戦目の丸山・波部組と2対戦目の梅澤・原組が同時に入ります。
丸山・波部組は専大松戸戦で気力・体力ともに消耗してしまったのか、
思うようなプレーが出来ません。
そのまま修正できずに0-4のストレートで敗れました。
梅澤・原組は先にリードを許す苦しい展開ながらも、
2-2と追いつき、粘りましたが、
そこからが続かず、2-4で敗れました。
   

3年生はこれで引退となります。
昨年先輩から受け継いだガッツポーズは
今年も力強く印象的でした。
そしてまた、このガッツポーズは後輩へと引き継がれます。
来年もこの場所で多くのガッツポーズをするために、
柏中央高校ソフトテニス部は走り続けます!!
 


13:13