サイト内検索
カウンタ
あなたは3519091人目です。
(移転前は220000!)
お問い合わせ
千葉県立柏中央高等学校
住所 柏市松ヶ崎884-1  〒277-0835
TEL  
04-7133-3141
FAX   04-7133-3641
MAIL 
kashiwachuo-h@chiba-c.ed.jp
 
携帯用サイト
携帯でご覧になる方は
こちらから!
 
このWebページでは
一部PDF形式のファイルを利用しております。
PDF形式が閲覧できない場合は
お手数ですがこちらから
Adobe Readerをダウンロードしてください。
 
 
リンク
千葉県教育委員会ホームページ

県教委ニュースはこちらをクリック!!
県教委ニュース
 
ログイン
演劇部紹介
1.部員数
 2年 10名
 1年  5名

2.活動日
 週に6日(平日と土曜日。大会前は日曜日も活動をし、月曜日が休み。)

3.目標
 地区で確実な地位を。次に県。
 笑って、泣いて、観客のみなさんに「観てよかった」と思ってもらえるような芝居。
 もう一度観たいと思ってもらえるような芝居。

4.活動内容
 基礎トレーニング(ランニング・ストレッチ・筋力トレーニング・体幹トレーニング・
 発声・滑舌・外郎売など)
 ダンス
 演技
 大道具作成
 照明や音響のプランニング

5.主な実績

 平成25年度第一地区秋季発表会 顧問創作「紅の約束」作品賞1位 県大会出場!
 (ちなみに県大会に出場できるのは、県内110校以上ある中で14校だけです)
 平成26年度第一地区春季発表会 既成脚本「悪魔のささやき、天使のぼやき」作品賞1位
               (残念ながら、春の発表会は、県大会がありません)
 平成26年度第一地区春季発表会 顧問創作「メビウスの輪」作品賞3位
 平成27年度春季地区発表会 成井豊 作「広くてすてきな宇宙じゃないか」作品賞1位
 平成27年度秋季地区発表会 加藤純・清水洋史 作、顧問潤色
              「祭よ、今宵だけは哀しげに ー銀河鉄道と夜ー」作品賞1位 県大会出場!
 平成28年度春季地区発表会 生徒創作「誰がためにか花は咲く」作品賞1位
 平成27年度秋季地区発表会 西澤周市 作、顧問潤色「ナナハン・ララバイ」作品賞2位

6.メッセージ
 平成28年11月12日(土)午後、流山市文化会館にて行われる高校演劇+バリアフリーに参加予定。
「ナナハン・ララバイ」を上演します。
活動報告は随時HPにアップしていきます。

 
 
日誌
演劇部日誌 >> 記事詳細

2016/11/15

演劇部 高校演劇+バリアフリー

Tweet ThisSend to Facebook | by 理16
去る11月12日(土)に流山市文化会館にて行われた「高校演劇+バリアフリー」にて上演をしてきました。
朝から仕込みやリハーサルを行いました。リハーサルでは完全通し(ゲネプロ)まででき、準備は万端でした。
会場では、聴覚障がいのある方向けに字幕表示用のスクリーンの設置とタブレット端末の貸出、視覚障がいのある方向けに音声ガイドの貸出、車イスの方の優先座席の用意、介助犬のための休憩スペースの用意、授乳やおむつ交換場所の用意などがなされていました。
ご来場いただいた方の年齢層もバラバラ。子どもからお年寄りまで、老若男女、障がいの有無を問わずに演劇を楽しんでいただけたのではないでしょうか。
今回、このような機会に発表させていただいたことに感謝しています。
当日は本校吹奏楽部も観劇にきてくださり、温かな笑いが客席におきました。

私たちにとって最後の「ナナハン・ララバイ」の出来は最高でした。
地区発表会から成長し続けてきた部員に感謝しています。

「懐かしかった」
「思わず泣いてしまった」
「よかった。また観たい」
「ありがとう」
そんな言葉がとても温かかったです。
芝居を発表しただけでなく、障がいや年齢を超えて、多くの方々と触れ合うことができた、充実した時でした。
上演後は出口にてお客様のお見送りをしました。
そこで部員は「ありがとう」「またね」「会いましょう」といった手話を教わり、コミュニケーションをとっていました。

  
   
  
  
  
  

最後は「大会」ではない、「公演」ならではの口上です。
口上を述べたのは中央にいるあきこ役の女子部員。
最後は涙を堪えた声で、仲間や顧問の涙を誘い、感動のカーテンコールとなりました。


~口上全文~
本日はご覧いただき、まことにありがとうございました。このお芝居は、1970年代から80年代を舞台にしたお話です。ナナハン、つまり750ccのバイクとともに青春を過ごし、今まさに自分の道を歩み始めようとするあきこと、ここまで育ててきた教師広岡の葛藤を描いたものです。私たちも、青春全部をかけて演劇をしてきました。先月行われた地区発表会で、私たちは二位に終わりました。目標としていた県大会に進むことができず、悔し涙を流しました。これまで応援してくれた友人、支えてくれた家族、一緒に走ってくれた顧問の先生に感謝しています。私たちの「ナナハン・ララバイ」は、本日をもって終わります。しかし、これからも私たちの青春は続きます。
県大会には進めませんでしたが、本日、このようにたくさんの方にご覧いただいたことに感謝しています。青春全部をかける価値が、確かにここにありました。
本日はご覧いただきまことに、ありがとうございました。

お見送りまで、すべて終わった後に記念撮影をしました。

ヤンキー座りをするだけで怖いので、笑顔で撮影。

達成感ではじける部員たち。


柏中央高校演劇部は、次は「ながれやま高校演劇フェスティバル」に向けて活動してきます。
「高校演劇+バリアフリー」では、中学校の制服を着た女子生徒さんがちらほらといらっしゃいました。
未来の仲間になることを願ってーーー。
09:10