サイト内検索
カウンタ
あなたは3898563人目です。
(移転前は220000!)
お問い合わせ
千葉県立柏中央高等学校
住所 柏市松ヶ崎884-1  〒277-0835
TEL  
04-7133-3141
FAX   04-7133-3641
MAIL 
kashiwachuo-h@chiba-c.ed.jp
 
携帯用サイト
携帯でご覧になる方は
こちらから!
 
このWebページでは
一部PDF形式のファイルを利用しております。
PDF形式が閲覧できない場合は
お手数ですがこちらから
Adobe Readerをダウンロードしてください。
 
 
リンク
千葉県教育委員会ホームページ

県教委ニュースはこちらをクリック!!
県教委ニュース
 
ログイン
演劇部紹介
1.部員数
 2年 10名
 1年  5名

2.活動日
 週に6日(平日と土曜日。大会前は日曜日も活動をし、月曜日が休み。)

3.目標
 地区で確実な地位を。次に県。
 笑って、泣いて、観客のみなさんに「観てよかった」と思ってもらえるような芝居。
 もう一度観たいと思ってもらえるような芝居。

4.活動内容
 基礎トレーニング(ランニング・ストレッチ・筋力トレーニング・体幹トレーニング・
 発声・滑舌・外郎売など)
 ダンス
 演技
 大道具作成
 照明や音響のプランニング

5.主な実績

 平成25年度第一地区秋季発表会 顧問創作「紅の約束」作品賞1位 県大会出場!
 (ちなみに県大会に出場できるのは、県内110校以上ある中で14校だけです)
 平成26年度第一地区春季発表会 既成脚本「悪魔のささやき、天使のぼやき」作品賞1位
               (残念ながら、春の発表会は、県大会がありません)
 平成26年度第一地区春季発表会 顧問創作「メビウスの輪」作品賞3位
 平成27年度春季地区発表会 成井豊 作「広くてすてきな宇宙じゃないか」作品賞1位
 平成27年度秋季地区発表会 加藤純・清水洋史 作、顧問潤色
              「祭よ、今宵だけは哀しげに ー銀河鉄道と夜ー」作品賞1位 県大会出場!
 平成28年度春季地区発表会 生徒創作「誰がためにか花は咲く」作品賞1位
 平成27年度秋季地区発表会 西澤周市 作、顧問潤色「ナナハン・ララバイ」作品賞2位

6.メッセージ
 平成28年11月12日(土)午後、流山市文化会館にて行われる高校演劇+バリアフリーに参加予定。
「ナナハン・ララバイ」を上演します。
活動報告は随時HPにアップしていきます。

 
 
日誌
演劇部日誌
12345
2018/06/07

演劇部 春季演劇発表会のご案内

Tweet ThisSend to Facebook | by 国171
演劇部の活動報告、および、春季演劇発表会のご案内をさせていただきます。

演劇部は今年10名の新入部員を迎え、計16名で活動中です。
今年度の活動目標は「表現活動を通じて心とからだを開く」こと。
現在は6月14日(木)、15日(金)に流山市文化会館で行われる、第一地区春期演劇発表会に向けて、部員一同稽古に励んでいます。
台本も演技も、少しでも良い物となるようにまだまだ磨き上げ続けています。
演劇部で上位大会に繋がっているのは秋季発表会の一度きり。
春季発表会は県には繋がっておらず、泣いても笑っても3年生4名はこの発表会で引退となります。
だからこそ思い切って、ありったけの挑戦をぶつけます!
今回の作品では、これまでのイメージとは大きく異なる、新たな柏中央高校演劇部をお届けします。

柏中央高校演劇部の出番は下記の通りです。

日時:6月15日(金)14:35~
場所:流山市文化会館


会館の入場料、駐車場料ともに無料です。
舞台の上で、精一杯自分を開き、表現します。
演劇部16名で創る最初で最後の舞台です!
お子様方の勇姿を、ぜひ会場でご覧ください。
演劇部員一同、皆様のお越しを心よりお待ちしています。

17:27
2018/04/05

演劇部「第一回自主公演」のご報告

Tweet ThisSend to Facebook | by 国171

去る3月29日、柏中央高校演劇部初の試みである、「第一回自主公演」を我孫子けやきプラザにて行いました。

年度末平日の午前中という非常に厳しい時間帯にも関わらず、会場には100人以上のお客様がお越しくださりました。

ご来場まことにありがとうございました。

今回の演目は「青く深きところにて」(平成28年度りゅうフェス上演作品)と、
「時雨のあとに」(平成29年度秋季地区発表会上演作品)の2作品でした。


写真は発表の様子です。

「青く深きところにて」
   
   
  

「時雨のあとに」
   
   
   
   
   
 

この自主公演におきましては、企画、運営、渉外、広報など、全て生徒達が中心となって行いました。

たくさんの失敗、反省点もあった公演ではありましたが、部員達にとって今後の大きな糧になったことと思います。

最期になりましたが、この自主公演におきましては、演劇部OBOGの皆様、デキマチ小演劇部の皆様をはじめとする、たくさんの方々にご協力をいただきました。

保護者の皆様、日頃より本校演劇部の活動にご理解とご協力をいただき、心よりお礼を申しあげます。

支えてくださっている多くの繋がりに感謝し、これからも柏中央高校演劇部は走り続けます。

今後もどうぞよろしくお願いいたします。


09:59
2018/02/07

演劇部「りゅうフェス」上演報告

Tweet ThisSend to Facebook | by 国16
去る2月4日(日)に流山市文化会館にて行われた「ながれやま高校演劇フェスティバル20分シアター」(通称:りゅうフェス)に参加してきました。
今年度は本校を含めた15校の参加となりました。
本校演劇部は生徒創作「#LJK #YSKI #挑戦 #がんばるぞ」を上演しました。
本番では台詞の言い間違えや音響や照明のミスなどといった小さな失敗はありましたが、無事に上演を終えることができました。
今回の見所は前半のテンポと笑い、そしてラストの演舞でした。
南中ソーランの演舞をするにあったっては、神田外語大学のよさこいサークルの方にご指導をいただき、そして、本校ダンス部のみなさんに特別出演をしていただきました。
気合いの入った全力の演舞はお客さんにも伝わり、終演後には大きな拍手につつまれました。

写真は当日の発表の様子です。
  
  
 
  

最後は演劇部とダンス部で記念撮影をしました。


演劇部の次なる目標は「自主公演」です!
3月29日(木)9:05開場 9:15開演
「青く深きところにて」(平成28年度りゅうフェス上演作品)
「時雨のあとに」(平成29年度秋季地区発表会上演作品)
我孫子市けやきプラザふれあいホール(JR我孫子駅から徒歩3分!)
入場無料・予約不要・全席自由!

これからも柏中央高校演劇部は走り続けます!
14:27
2018/01/25

演劇部 ながれやま高校演劇フェスティバルのご案内

Tweet ThisSend to Facebook | by 国16
流山市教育委員会が主催する「ながれやま高校演劇フェスティバル」
通称、りゅうフェスのご案内です。
(ちなみに一昨年までは「20分シアター」と呼んでいました)
りゅうフェスは1校20分の持ち時間で、テーマに沿ったお芝居を創作、上演します。
今年のテーマは「前夜祭」。
本校演劇部は生徒創作の「#LJK #YSKI #挑戦 #がんばるぞ」を上演します。
大変読み上げにくいタイトルですが、今回のお芝居の内容をストレートに表現しています。

~あらすじ~
高校3年生のまことゆうきは、LJK(ラスト女子高生)をエンジョイしていた。
2月。自宅学習になったはずなのに、担任の田口先生(通称グッチ―)に呼び出される。
そして告げられたのは、このままでは卒業できないという現状。
なんと二人は、エンジョイしすぎるがあまり、LHRの出席日数が足りなくなってしまったのだ。
そこで卒業するための課題として提案されたのが地域のYSKI(よさこい)のお祭の前夜祭に参加し、よさこいを踊るという地域貢献。
しぶしぶながら承諾したまことゆうきに渡されたのは、よさこいで使う鳴子。
そこに登場する怪しい人物。
果たして2人は無事卒業できるのか。

今回は本校ダンス部のご協力のもと、上演いたします。
本校の発表は2月4日(日)15:00からです。
全体は10:00から上演しています。
場所は流山市文化会館。(駐車場無料!)
もちろん入場無料です。
第一地区を中心に全15校がそれぞれ創作台本で上演します。

寒い日が続いておりますが、高校生の演劇にかける情熱を感じに、是非お越しください!!
18:30
2018/01/17

自主公演のご案内と秋季地区発表会のご報告

Tweet ThisSend to Facebook | by 国16
本務多忙につきまして、更新が滞っておりました。

さて、10月に行われました第一地区秋季地区発表会のご報告をいたします。
この発表会は来夏の総文祭の予選になっており、地区の代表1校が県大会に推薦されます。
本校演劇部は、顧問創作脚本「時雨のあとに」を上演しました。
生徒投票の結果は1位であったものの、代表選考には惜しくももれてしまい、県大会出場はかないませんでした。
専門審査員(プロの俳優の方です)の講評では、「柏中央高校の作品は完成度が高かった。細かいことを言えば、ほんのレイコンマ一秒台詞の入りが早いところがあったくらいだ」と評価していただき、部員顧問ともども救われた思いがしました。
部員たちはこの悔しさを胸に、さらに良い作品を求めて努力していくことでしょう。

   
  
  
  
  
  
(写真は地区発表会のときのものです)

そして、想いをどこにぶつけるのか。
それは、柏中央高校演劇部初の自主公演です!!
3月29日(木)9:05開場、9:15開演です。
場所は我孫子駅から徒歩3分(立地がいい!!)
我孫子けやきプラザ内にあるふれあいホールで行います。
演目は、昨年度の20分シアターで好評だった「青く深きところにて」と、
今年度の秋季地区発表会と文化祭で発表した「時雨のあとに」です。
「青く深きところにて」には卒業生も出演します。
こうやって卒業後も演劇の輪がつながっていてくれることに感謝しています。
本自主公演は、予約不要、入場無料です。
年度末の忙しい中ではありますが、たくさんの方のご来場をお待ちしています!
10:53
2017/07/25

演劇部 公演案内(一日体験入学)

Tweet ThisSend to Facebook | by 国16

期末考査も終わり、夏休みに突入しました。
中学生の皆さん、いかがお過ごしでしょうか。
演劇部は、暑さにも負けず、毎日元気に視聴覚室で練習をしています。

さて、今月末の7月31日(月)には本校で一日体験入学が行われます。
学校説明、校舎見学、体験授業など様々なものがありますが、
高校生活の一部といえば、部活動です!
本校演劇部の合言葉、「青春全部をかける価値が、確かにここにはあった。」
柏中央に入学して、一緒に演劇をしませんか?
演劇に興味のある人も、ない人も、何に入ろうか悩んでいる人も、
教室のクーラーを確かめたい人も、ちょっと涼しいところで座って休みたい人も、
つまりは誰でも大歓迎です!!
当日は生徒棟4階1年C組の教室にて、順次公演を行っております。

気になる演目はー…
植田そうへい 作 「交渉」
「強盗犯に告ぐ。我々は人質の安全を最優先している。君の要求はなんだ。
我々は君の要求にこたえる準備がある。言ってみたまえ!」
「あえあえは、おうえいしゅうえい、おうえつのいあ!」

……あれ?なんて言っているのか聞き取れない!?
犯人の要求がわからない刑事たち!
果たして事件は無事に解決するのか!?

15~20分程度のコメディタッチの芝居です。
笑いあり笑いあり涙なしの芝居です。
今回はこの作品をつかこうへいタッチで演出してみました。
現在、鋭意練習中です。

お客様が笑ってくれると、部員たちも頑張れます。
うだるような暑さの中ですが、涼しい客席を準備して、
皆様のご来場を、心よりお待ちしております!!


09:45
2017/06/30

演劇部 春季地区発表会 報告

Tweet ThisSend to Facebook | by 国16
去る6月15・16日(木・金)に流山市文化会館で、地区発表会が行われました。
本校演劇部は生徒創作脚本「Bar Bashiko」を上演しました。
結果は以下の通りです。

【団体賞】
作品賞 2位
衣装賞 2位
舞台美術賞 1位
音響賞 2位
創作脚本賞 1位

【個人賞】
女優賞 1位 ばしこママ(3年:柴野)
女優賞 2位 明美(3年:鳥栖)
高校生に見えなかったで賞 1位 ばしこママ(3年:柴野)
迷男優賞 1位 まもる(3年:遠藤美咲)
迷男優賞 3位 藤盛(3年:藤盛)

当日は在校生、卒業生、そしてたくさんの保護者の方々にご来場いただきました。
ありがとうございました。
緞帳が降りた瞬間の拍手はどこよりも大きく、その温かさに胸がいっぱいになりました。

本大会を最後に、3年生10名が引退をします。
他校の顧問の先生からも、「顧問の先生と生徒たち、そして保護者の絆が感じられるいい芝居だった」とお褒めの言葉を頂戴いたしました。
審査発表の後、涙を流す3年生は誰もいませんでした。
それほどまでに清々しく、やりきったという達成感があったようです。

彼女たちは本当に、最後までよく頑張ってくれました。
日が暮れるまで大道具を作り、何度も何度も台本を書き直しました。
今回の舞台は、部員全員の力で作り上げたものでした。

惜しくも照明賞は逃しました。しかし、それは私たちの狙い通りです。
今回は60分で80回も照明を切り替えました。
それを、目立たず、間違えず、役者を存分に活かす照明を作ってくれました。

演劇部は上位大会に繋がる大会が10月の秋季地区発表会のみ、そこで作品賞1位をとれれば県大会に出場できます。
「お世話になった3年生に最高の舞台を!」と張り切っていた1・2年生にとって、
今回は悔しい結果となりましたが、このことをバネに10月の秋季大会に向けて部員一同更に努力してまいります。

写真は発表の様子です。みんな生き生きと演じていました。
  
  
  
  
  
  
  
カーテンコールでは、全員で「ブルゾンばしこ」を踊り、そして最後はこれまでの感謝の気持ちを込めた口上を述べました。

やっぱり最後はこの言葉。
柏中央高校演劇部の合言葉。
「青春全部をかける価値が、確かにここにあった。」
  
最後となりましたが、日頃より本校演劇部の活動に御理解と御協力を賜り、保護者の皆様に御礼申し上げます。
柏中央高校演劇部はこれからも走り続けます。
今後も宜しくお願いいたします。

13:00
2017/01/30

演劇部 公演報告

Tweet ThisSend to Facebook | by Web管理者
去る1月29日(日)に県立松戸高校で行われた、演劇科特別公開授業&卒業パフォーマンスに行ってまいりました。
本校演劇部は特別公開授業にてゲスト出演をさせていただきました。
特別公開授業では、今年度、演劇の老舗、文学座に見事合格した本多さんと、演劇科の礎を築いた、俳優の見上氏を中心としたものでした。「若大将シリーズ」「タンゴ冬の終わりに」「ナナハン・ララバイ」の三本のそれぞれ一部分ずつを発表していました。
本校演劇部顧問は見上氏の大ファンでもあり、これから再出発をする本多さんのファンにもなりました。
「ナナハン・ララバイ」のラストシーンは演劇の授業のテスト課題になっているそうです。ありがたいことに演劇科の先生方からお褒めの言葉を頂戴しました。
最後に「ナナハン・ララバイ」を発表したのは11月12日(土)のバリアフリー公演会。
どれだけの悔し涙を流したことでしょう。
それでも、このようにたくさんの方に見ていただける機会をいただけたことに感謝しています。

写真は本校の発表の様子です。
  
   
15:21
2017/01/27

演劇部 練習報告

Tweet ThisSend to Facebook | by Web管理者
現在演劇部では3本の作品の練習をしています。
1つは、今週末に発表する「ナナハン・ララバイ」のラストシーン。
その場面だけやってもなかなかうまくいかず、それより前の場面の一人語りをやってから稽古をすることで、より気持ちを乗せて演技ができるようです。
次に、予選会の練習です。今年は「選定会議」と題して、部員たちが自由奔放な会議を繰り広げます。一体何を選定する会議なのか……!?
例年演劇部では、3年生がよく知っているであろう先生方のご協力をいただいて、3分間程度の短いお芝居をします。コントやダンスではなく、お芝居をするのが演劇部の掟です。
最後に、現在、最も力を入れているのが来年度の新入生歓迎公演で上演する「広くてすてきな宇宙じゃないか」です。
14日にオーディションを終え、配役が決まりました。

ここでキャストの紹介をします。
おばあちゃん:演技力が安定している2年生。昨年度の新入生歓迎公演で大きく成長した、うちの柱の一人。
クリコ:身体表現と表現力がピカイチの2年生。勘もよく、飲み込みが早い。1年次と同じ役で、前の自分を越える。
カシオ:ちょっと猫背な1年生。現在、男の子の低い声の発声に苦戦中。誰しもが一度はぶつかる壁。しかし、これを乗り越えればもっと演技の幅が広がると信じてこの役を任せた。
スギエ:「ナナハン・ララバイ」で演技力が身についた期待の1年生。喜怒哀楽の中では「喜」と「楽」が課題。言葉と体が一体となった演技に期待。
柿本:唯一男役をお願いできる2年生。一人語りはお手の物。彼女の安定感で芝居を支えてほしい。
サカモト:実は初舞台の裏方の2年生。しかし、毎日発声をしているので、声は問題なし。加えて頭がいいので、表現もうまい。今のところ、一番予想を越えてきた子。
ヒジカタ:原作では男性だが、女性に性別を変更して挑戦。うちの花形の2年生。優しさと厳しさと寂しさを表現できるはず。彼女の人一倍強い向上心が楽しみ。
オオクボ:うちで唯一笑いがとれる部長の2年生。一緒に芝居をするサカモトをつぶさず、しかし、キャラクターは濃く。その塩梅が難しいところではあるが、彼女の存在感に期待。
サイゴウ・ヨシダ先生:頭が良く、驚くほど早く台詞を覚えてくる2年生。自然と出てしまうお色気とヤンキーのコントロールをして、キャスターと教員の二役を演じ分ける。
カツラ:元気はじけるカツラちゃん。演じるのは控えめで謙虚な1年生。この役を通して自分の殻をぶち破れ!

今はまだ台本を持って立ち稽古をしているところです。
4月まで時間がありそうで、実はない。
「見て良かった」「おもしろかった」「自分もやってみたい」
そう思ってもらえる芝居を目指して、今日も稽古に励んでいます!
15:23
2017/01/25

演劇部 県立松戸高校にお邪魔します!

Tweet ThisSend to Facebook | by Web管理者
一日限りの「ナナハン・ララバイ」再び!

写真は、秋季地区発表会にて上演した時のものです。(左:あきこ、右:広岡)

1月19日(木)朝日新聞の朝刊に載っていた公演に、本校演劇部も前座として参加させていただきます。
県立松戸高校演劇部はここ最近は県の中央発表会(県大会)に毎年出場し、2年前には全国大会、昨年度と今年度は関東大会に出場している実力校です。
と同時に「演劇」の授業がある演劇部員にとってはうらやましい限りの学校です。
(あまり県立松戸高校を称賛しすぎて、中学生が柏中央高校に来なくなってしまっては困りますが……。中学生の皆さん、ぜひ柏中央高校の演劇部へ!!)
本校演劇部もときどき合同練習をさせていただいております。
今回は文学座研究生に合格した県立松戸高校の卒業生、本多さんと、俳優であり教員の見上裕昭先生の公演です。そこでゲストとして「ナナハン・ララバイ」のラストシーンをやらせていただきます。
「演じる人、演出によってこんなに変わる!」という演出です。
本多さんと見上先生は「ナナハン・ララバイ」の他にも2作品発表するようです。

本校演劇部顧問が、以前本多さんと見上先生が演じている「太陽がいっぱい」を観たときには、自然と涙がこぼれてしまいました。
脚本の良さもさることながら、お二人のお芝居もとても素晴らしかったです。

1月29日(日)14時開講
県立松戸高校演劇実習室にて
第1幕 特別公開授業(ここでゲスト出演します)
「演劇科の定期試験の一例披露」
「俳優(生徒)の魅力とは何か」
第2幕 演劇科卒業公演


公演の細目などは県立松戸高校演劇科のHPをご覧ください。
15:24
12345