サイト内検索
カウンタ
あなたは5260024人目です。
(移転前は220000!)
お問い合わせ
千葉県立柏中央高等学校
住所 柏市松ケ崎884-1  〒277-0835
TEL  
04-7133-3141
FAX   04-7133-3641
MAIL 
kashiwachuo-h@chiba-c.ed.jp
 
携帯用サイト
携帯でご覧になる方は
こちらから!
 
このWebページでは
一部PDF形式のファイルを利用しております。
PDF形式が閲覧できない場合は
お手数ですがこちらから
Adobe Readerをダウンロードしてください。
 
 
ログイン

学校長挨拶

1981年の創立以来、本校は、「初志貫徹―ゆっくりと一歩一歩確実に」を校訓とし、高い志を持ち知徳体をバランスよく鍛え主体的に力強く生き抜くことができる生徒の育成に努め、多くの優秀な人材を輩出してきました。地名にちなんで作られた校章の松葉は、常に変わらぬ堅い志と生命力を表し、柔らかく厚みをもつ柏葉と調和して、強さと豊かさを有した生徒の成長を願ったものです。確かな学力、思いやりのある豊かな心、活力にあふれる健やかな体を育みながら、地域との交流やキャリア教育を通して生徒の進路希望の実現に邁進しているところです。

変化の激しい時代の中で、持続可能な社会を構成する中心的な人材となっていく本校の生徒たちは、学習に、部活動に、学校行事に積極的に取り組み、人と人とのつながりの大切さを学びながら、充実した高校生活を送っています。なりたい自分になる。夢に向かって挑戦する。目標を定め、あきらめることなく一日一日を大切に積み重ねていく努力こそが、そのすべてです。勤勉で品行方正な強みを持った生徒たちは、落ち着いた環境の中で、切磋琢磨しながら活発に高校生活を送っています。生徒一人一人が、自らを高め、自分らしく生きることで自己実現を果たせるよう、教職員一同、きめ細かく、情熱をもって、面倒見よく丁寧に導きながら、ともに成長できる学校を目指しています。生徒の良さ、職員の良さが、学校の魅力そのものです。

 日々の教育活動の様子については、トップページの日誌等によりお知らせしていきますので、よろしくお願いいたします。
           

                                                                                                         
                
                                        千葉県立柏中央高等学校長 島﨑 正人

〇令和2年度 千葉県立柏中央高等学校はどんな教育を目指しているのか?

 Vision:一人一人が大切にされ、人とのつながりの中で、安心して、楽しく成長できる場所であること!本校の教育目標は、本校生徒の強みを活かして伸ばすものであり、社会に求められている生徒の「今」と「未来」の姿を映す学校の特色です。文武不岐を手段として「初志貫徹」を心掛け、人格の完成を目指して「豊かな人間性」を身に着けるために、1 自律心と、自他すべてを敬う態度を養う 2 志を大切に、目的や目標を意識して学ぶ 3 自分の力で辛抱強くやり抜く力を育んでいきます。

 Mission:教職員は、生徒一人一人の幸福のために力を尽くします。目標に向かって努力する生徒と誠実に関わり、模範となる言動に努めるとともに、生徒主体の活動を推進しながら、気づき、認め、伸ばす教育を心がけています。特に、資質能力を引き上げる授業改善、個に対応した丁寧な進路指導、効率的な家庭学習の習慣化、魅力ある部活動等の更なる活性化など、日々の生活の中でバランスのよいリズムを継続できるよう支援に努めます。

 ただし、主体性なく、誰かがなんとかしてくれると甘えた姿勢でいては、できることもできません。学校では、基礎基本を素直に徹底して学び、補習等の支援を受けながらも、そこから先は各自の目指すレベルまで自らの工夫と努力で伸ばしていくことが、本当の自己実現につながります。簡単ではありませんが、志をもって自分の勉強をまず始めること。そして挑戦する努力を継続することが大切です。しばらくすると壁にぶつかります。それは、そこまで力がついたという証です。悲観的になったり、傷つくことを恐れて行動を止めてしまうのではなく、勇気をもって諦めずにやり抜くことが、自分の強みを活かし伸ばすこととなり、大きな喜びや自信となっていきます。頑張っている自分を称賛しながら、自己肯定感を高める時間を過ごすことです。出来ると信じるから、できる。笑顔でいるから、笑顔でいられる。私達はその努力を全力で応援したいと思っています。

 今年度は、コロナ禍にあり、我慢の学校生活が続いています。安全安心を最優先にしながらも、生徒が自ら楽しめる活動を工夫し、状況を判断しながら実施に向けた努力を継続します。
 また、県立高校の校舎の老朽化の中にあって、少しでも施設設備の充実、環境の美化が図れるよう、生徒や保護者、地域の協力も得ながら心の通った改善に努めていきます。